HOME>新着情報

新着情報

201704/27
イグアス国立公園(アルゼンチン側) 一時封鎖続報3
先日よりお伝えしておりますピューマ捕獲の為のイグアス国立公園(アルゼンチン側)の一時封鎖のニュースの続報ですが、4月23日にピューマは無事保護され、現在イグアス公園内のすべての観光が可能となっております。

こちらのピューマは保護された後、現在エル・プーマ観光公園(Parque Ecológico El Puma)の施設に収容されております。
http://misionescuatro.com/provinciales/exitosa-captura-traslado-puma-parque-nacional-iguazu/


大自然のジャングルの中に位置するイグアス国立公園は動植物の宝庫でもあります。
熱帯雨林に生息する色鮮やかな植物や動物たちが待っております。
私たちが彼らの生息地にお邪魔するという気持ちを忘れずに、いつまでも共存していきたいものです。
201704/25
チリ/地震情報
南米チリの沖合で現地時間の24日午後6時半(日本時間25日午前6時半)ごろ、
マグニチュード(M)6.9の地震が発生しました。
震源地は首都サンチアゴから120キロのバルパライソの沖合72キロ、深さは10キロ。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042500249&g=int
バルパライソ、サンチアゴ市内では大きな揺れを観測。
市内の交通は一時麻痺し、バルパライソの一部では停電も発生しましたが、
幸いに怪我人は報告されておりません。
また道路の一部では土砂崩れが発生しましたが、現状大きな支障は出ておりません。
サンチアゴ空港でも揺れによる落下物などありましたが、現在通常通りの運行となっております。
201704/11
「ペルー/マチュピチュ遺跡の入場制限について」
「失われた都市」として世界中を魅了しているマチュピチュ遺跡ですが、
2017年7月1日よりマチュピチュ遺跡観光に関し、入場制限に関する新たな法案が適応されます。

こちらはペルー文化庁の新方針であり、歴史遺産であるマチュピチュ遺跡の環境保全・ガイド雇用の増加が考慮され制定されました。以下ご確認下さい。

1、マチュピチュ遺跡への観光客(個人・団体)は、外国人でもペルー国籍の方でも入場の際、一名でも必ず正規のOFFICIALガイドとの同行が義務となります。
そして入場した際に同伴したガイドと必ず一緒に退場する必要があります。

2、一ガイドにつき最大で16名までに制限されてます。17名以上となる場合、ガイド1名を追加で付けることが義務となります。

3、遺跡観光の入場時間が二部制となります。今までは一日券でしたが、半日券となります。
一日中遺跡内に滞在する場合は午前チケットと午後チケットの両方が必要となります。
・午前チケット(06:00〜12:00)
・午後チケット(12:00〜17:30)

ペルー文化庁からの通知書の日本語の訳文とあわせてご確認下さい。
http://www.t-latino.com/new/peru-inc-letter-2017.pdf

いつまでもこの美しいマチュピチュ遺跡を綺麗に残すための新法案となります。
以上ご確認のほどよろしくお願いします。
201704/07
【ツアー募集開始】オサガメ保護支援プロジェクト6日間【2017夏】
【ツアー募集開始】オサガメ保護支援プロジェクト6日間【2017夏】
http://arukikata-campus.jp/travel/?p=20366
地球の歩き方とのコラボ企画 
今年はオサガメ保護支援プロジェクトへの参加プログラムを企画!
募集開始しました!

世界最大のウミガメである「オサガメ」はIUCNのレッドリストに載せられている絶滅危惧種です。このプログラムではトリニダード・トバゴ政府が支援する保護団体のプロジェクトに参加します。主な活動はオサガメの産卵地の清掃、産卵に訪れる親亀の測定、卵の掘り起こしと保護など。世界でもトリニダード・トバゴでしかできない、本格的な保護プロジェクトにご参加いただけます。美しいカリブ海で、自然保護活動の現場を最前線で体験しませんか?
201704/05
ペルー入国時のパスポート残存有効期間(6ヶ月以上)
これまでペルー入国時のパスポート残存有効期間は航空会社判断により異なりましたが、2017年4月より正式に、ペルー入国日から6ヶ月以上必要になりました。ペルー入国時にパスポートの残存期限が6ヶ月をきる場合は、パスポートの更新をお済ませいただくようお願い致します。


ペルーにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在ペルー日本国大使館

本年3月に改正されたペルー入管法の施行規則が公表されました。ペルー在住者及び旅行者の皆様に関係する主な変更点は次のとおりです。

1 ペルー入国時に必要なパスポート残存有効期間(6か月以上)(規則第24条)
(1)ペルーに入国する際,入国日から6か月以上有効なパスポートが必要となりました(これまでは,ペルー入国時にパスポートが有効であれば,パスポートの残存有効期間は問われませんでした。)。
(2)日本のパスポートの切替は,原則として残存有効期間が1年未満であれば申請可能ですので,必要に応じて早めの切替をお勧めします。
(3)国ごとに入国時に要求されるパスポートの残存有効期間は異なりますが,概ね3,又は6か月以上必要とされており,長期滞在を予定している場合には,滞在予定期間より長い残存有効期間を要求されることもあります。海外に渡航する際は,渡航先国の最新情報を確認してください。

2 外国人登録証保有者の住所等に変更が生じた場合(規則第47条,第190条)
外国人登録証保有者の住所,婚姻状況,勤務先/所属学校等に変更が生じた場合は,変更の事実が発生した日から30日以内に入国管理局に届出る必要があり,同期間内に届出を行わないと,罰金が科せられます(1か月につき約40ソーレス)。
201703/28
弊社ご利用の皆様へ
先週末よりニュースにて、ご覧頂いているかと思いますが格安の旅行販売を
行っていた会社てるみくらぶが倒産致しました。
報道によりますと、数万人というお客様が被害を受けているということで我々一旅行社
としても大変心を痛めております。ご旅行中またお楽しみにされていた方々が気の毒
でなりません。

異なる旅行会社ではありますが、皆様も少しご不安になられたのではないでしょうか。
ただしご存知のように弊社は、格安旅行会社ではございません!ご安心してご旅行頂
けるようお時間にゆとりをもってお申込み頂き、ご旅行代金を頂戴した段階で航空券
を発券し現地ホテル等の確約も行っております。
基本的に支払い先に後払いや頂戴した代金を他ツアーに充てる事などは致しておりま
せん。

地域専門旅行会社として信頼できる現地代理店、ホテルにて手配を承っております。
またスタッフには入社後も海外研修を行い中南米専門会社のスタッフとして誇りを
もってご旅行のサポ-トをさせて頂いております。
その意味でも、弊社は表面的な格安料金を前面に出してお客様を集客するという手法
でなく旅の中身を第一にお客様と共に作り上げていく旅行会社と自負しております。

今回の件につきましては大変残念ではございますが弊社ご利用の皆様はどうかご安心
下さい。

ご旅行について御不明点などございましたらどうぞご遠慮なく担当者までお問い合わ
せ下さい。

宜しくお願い致します。

株式会社 ラティーノ
代表取締役 田中純一
201703/22
ペルー / 大雨に伴う主要観光地の状況‐続報2
既に日本でも大きく報道されておりますペルーでの大雨に伴う洪水被害の状況について続報をお知らせいたします。

被害は特に北部に集中しており、世界遺産チャンチャンやマリネラダンスで有名なトルヒーヨの他、チクラヨやピウラといった北部太平洋沿岸の都市は、普段はほとんど雨が降らない地域にエルニーニョ現象に起因する大雨が発生したことで、都市機能が麻痺しております。
現在これらの地域では交通や流通に大きな支障が出ているほか、農業や漁業にも影響が生じ、食料不足や停電も発生しております。政府はこれらの地域を対象に非常事態宣言を発令し、優先的に援助活動を行っております。

一方リマ市内では、降雨量が少なくなってきたことで、土砂災害の被害も落ち着いてまいりました。これを受け同地では、3月27日より学校の授業が再開されます。
現在、ペルーにご滞在中、また近日中にペルー入りをご予定の方は、引き続き最新情報に十分ご注意ください。



なお今回のペルーでの大被害を受け、日本では50,000人を超えるペルーコミュニティが被災者への支援を積極的に行うべく、いくつかのチャリティーイベントを日本国内で開催する予定です。
お時間のある方は、是非、チャリティイベントにお立ち寄りください。

■ チャリティイベント概要
◎ 頑張ろうペルー / Gambarou Peru
 開催日: 2017年4月16日(日)
 会場: New Lex Tokyo (港区六本木5-5-1 ロアビルB1F)
 詳細: URL https://www.facebook.com/events/187117085113370/

◎ Contigo PERU
 開催日: 2017年4月29日(土)
 会場: 羽村市コミュニティセンター (羽村市緑ヶ丘5-2-6)
 詳細: URL https://www.facebook.com/events/1303997859637446/

その他、ペルーの恵まれない子供達の支援、自立を援助する団体「アルデアス・インファンティレス」でも、被災者への支援を受け付けています。
 URL https://www.aldeasinfantiles.org.pe/ayuda (スペイン語)
 URL http://www.t-latino.com/child/index.html (概要、日本語)


★ 参考
* 3月21日発出: 大雨に伴う主要観光地の状況‐続報
  http://www.otoa.com/news_detail.php?code=32061
* 3月17日発出: 大雨に伴う主要観光地の状況
  http://www.otoa.com/news_detail.php?code=32055
201703/21
ペルー / 大雨に伴う主要観光地の状況‐続報
ペルー / 大雨に伴う主要観光地の状況‐続報

既に日本でも大きく報道されておりますペルーでの大雨に伴う洪水被害の状況について続報をお知らせいたします。

ペルーを代表する観光地である南部のマチュピチュ、クスコ、プーノなどでは大きな被害は出ておりません。但し標高の高い場所では、積雪による農業への被害が出ており、一部箇所では土砂災害による交通規制が敷かれております。

一方、ペルー北部や他地域では大きな被害が発生、国内流通にも支障が出ており、観光レストランの一部では食材不足などが発生しているとも報じられています。
ホテルや観光レストランといった自家発電設備、貯水タンクのある施設では大きな影響はありませんが、一般市民は部分的に今も停電や断水の影響を受けております。これはリマやその他の大都市も例外ではありません。

今回の大雨・洪水により、現地ではこれまで70人以上の死者が出ております。
ペルー気象庁の発表によると、引き続きペルー北部を中心に大雨が続き、その降水量は最大レベルとなる見込みです。これにより河川の氾濫や土砂崩れが引き続き発生し、北部への道路も通行止めになることが予想されるため、不要不急な外出は控え、また危険な場所には近づかないよう、呼びかけています。
現在、ペルーにご滞在中、また近日中にペルー入りをご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

★ 参考情報
* ペルー政府、災害対策特設ページを開設
 http://unasolafuerza.pe/ (スペイン語)
* ペルー気象庁
 URL http://www.senamhi.gob.pe/ (スペイン語)
* ペルー防災センター
 URL http://www.indeci.gob.pe/ (スペイン語)

* 在ペルー日本大使館
 URL http://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000381.html (日本語)
* 在日ペルー大使館でも協力を呼びかけています
 URL http://embajadadelperuenjapon.org/comunicado-2/ (スペイン語)
201703/17
ペルー / 大雨に伴う主要観光地の状況
12月〜3月の雨期の南米では、ウユニ塩湖の鏡張り、雨上がりに霧と虹がかかった神秘的なマチュピチュの光景等がお楽しみいただけるシーズンです。

一方この時期は日によっては大雨が降るため、例年アンデスの村々でも多少の影響が生ずることがありましたが、特に今年はエル・ニーニョ現象による大雨の影響により、ペルー全域において土砂崩れや洪水が続いております。
以下にペルーの主要観光地の状況について、お知らせいたします。

■ ペルーの観光地の状況
◎ マチュピチュ遺跡 (世界遺産)
 大雨等による影響、被害はありません。

◎ クスコ市街地 (世界遺産)
 雨が多くなっておりますが、例年と比べても大きな差はなく、大雨等による影響はありません。
 但し、クスコ州の標高4,000mを超えるエスピナル郡などでは季節外れの雪が降り、農作物等に被害が出ております。
 またクスコ州全体で、例年より気温が低くなっておりますのでご注意ください。

◎ 聖なる谷ウルバンバ
 一部で土砂崩れが発生いたしましたが、マチュピチュへの列車や道路に影響はありません。
 一方、雨の影響により、聖なる谷のインカ道の一部でテント泊ができなくなっているため、トレッカーは整備されている場所で対応しています。
 なお当地では、今後の雨の状況を監視するため、60人の専門スタッフを配置しております。

◎ チチカカ湖
 標高4,000m以上の場所では、大雪の影響により農作物に被害が生じております。
 また降雪によってチチカカ湖の水位が上がっており、当地では近隣住民に注意を呼びかけております。

◎ ナスカ地上絵
 遊覧飛行の発着地の一つ「ピスコ空港」に影響はありませんが、周辺の川の水位に上昇が見られるため注意が必要です。
なお、昨日 イカ州オクカヘ市にてアンデスから流れた土砂がパナメリカンハイウエイに流れ込んだ影響で、現在通行不可能となっております。これを受け、ナスカ空港へ向かうことができません。

◎ リマ歴史地区 (世界遺産)
 歴史地区に近いリマック川の水位上昇に伴い、一部氾濫が発生している箇所もありますが、歴史地区の観光に影響はありません。
 ただし、土砂が流れた影響により浄水場の機能に障害が発生し、広範囲で断水が発生する状況となっています。

主要観光地でも停電や断水が発生し、住民は被害を受けておりますが、旅行者が利用する交通機関に影響はありません。またホテルにおいても自家発電や貯水タンクなどで対応しているところが多く見られます。

ペルー気象庁の発表によりますと、北部では今後も雨が続き、川の氾濫や土砂崩れが発生するとみられております。現在、ペルー北部のピウラ、チクラーヨ、トルヒーヨ、チンボート、ワラスなどでは、市内まで川の水が流れるなど大きな被害が生じております。
現在、ペルーにご滞在中、また近日中にペルー入りをご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

★ 参考情報
* 在ペルー日本大使館
 URL http://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000381.html (日本語)
* ペルー気象庁
 URL http://www.senamhi.gob.pe/ (スペイン語)
* ペルー防災センター
 URL http://www.indeci.gob.pe/ (スペイン語)
201703/16
イグアス国立公園(アルゼンチン側) 一時封鎖続報2
先日より引き続きイグアスの滝(アルゼンチン側)でピューマが現れた件での続報です。
3/15夜再びピューマが姿を現し本日よりオープンする予定でありました「下部の遊歩道」、
「アベンテュラ・ナウティカボートツアー」がオープンできず、現状「悪魔の喉笛」、「上部の遊歩道」、「グラン・アベンテュラボートツアー」のみ行うことになりました。

国立公園よりまだ正式な発表はございませんが数日間の間行えるツアーは
「悪魔の喉笛」、「上部の遊歩道」、「グラン・アベンテュラボートツアー」になる可能性がございますのでご留意ください。
引き続き情報をお送り致します。
中南米・ペルーの旅行についてお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせはこちら [フリーダイヤル] 0120-029-777 【受付時間】9時30分~17時30分 【定休日】土日・祝日メールでのお問い合わせはこちら