HOME>新着情報

新着情報

201707/21
ペルー/クスコ、プーノに対し非常事態宣言の発令について
ペルー政府は、連日の教職員組合によるスト・デモ抗議が相次いでいる情勢を踏まえクスコ県のマチュピチュ、オリャンタイタンボとウルバンバ、プーノ県のフリアカとサンラモン郡の5個所を対象に安全確保・治安対策の為、非常事態宣言を発令致しました。

発令期間はペルー現地時間7月19日から30日間(8月17日まで)となっており、当該地域では同期間中、人身の自由・住居不可侵・集会及び通行の自由といった憲法で保障された権利の一部が制限され、デモ隊の取り締りが徹底されます。

外務省からも同様の渡航情報が発表されることかと思われますが、現在クスコ方面のデモ活動は落ち着きつつあり、マチュピチュの観光も支障少なく行われております。

ただ引き続きは注意は必要ですので安全対策を心掛け、時間に余裕をもって行動してください。
201707/20
ペルー独立記念日パレードおよびスト情報続報
7月28日・29日はペルー独立記念日となります。

政治的・宗教的なイベントや市民パレード、軍事パレードが行われ、両日ともに05:00〜14:00の間でアルマス広場、カテドラル、大統領官邸が位置する世界遺産リマ歴史地区と周辺の大通りが一時通行止めになります。
そのためこの時間帯での歴史地区観光は不可となり、周辺でも交通規制による渋滞が発生することが予想されます。
また小さい規模となりますが、ペルー全国各地でも独立記念日のパレードは開催されます。

また連日報道しておりますストライキの情報も併せてご案内致します。

1. 連日のデモ・スト道路封鎖によってクスコの観光産業・経済に大きな打撃を与えているとして、観光業界はデモ団体に抗議し、政府に早い解決策を打ち出すことを求めるためデモ行進、座り込みをする平和イベントをクスコ・アルマス広場で行いました。

2. マチュピチュ村〜マチュピチュ遺跡をつなぐシャトルバス社CONSETURは25台のバスのうち20台のバスしか運行せず、連日マチュピチュ遺跡に行く観光客は長打の列に並び、不満の声が多く出ております。運行するバス数を減らした理由は不明ですが、連日のスト・デモでスムーズにマチュピチュ遺跡へたどり着けず、多くのクレームが出ております。

3. フリアカでも教職員組合がスト・デモ抗議を行い、一時フリアカ空港の滑走路にまでデモ行進したことで、現地時間19日午前のフライトに支障が出てキャンセルとなりましたが、午後からは徐々にフライトが再開致しました。また、ペルーレイルのプーノ事務所、線路でもデモ行進が行われ、交通に支障がでました。

4. プーノではチチカカ湖のボート遊覧ウロスツアーの発着地となる桟橋で、教職員がデモ集会を行い、午前の観光に支障がでました。午後にはプーノのアルマス広場まで移動し抗議活動を続けました。

5. 教職員組合の代表者は現地時間19日夜になり、クスコ州政府庁舎にて警察と話し合いを行いました。
今後のデモ抗議は平和的に行い、警察も平和的に対応することで、「負傷者を出さない」とのことで合意致しましたが、政府との話し合いを続ける教職員組合の中には過激なメンバーもおり、万が一道路封鎖など暴力的な行為が発生した場合は厳しく取り締まることを通告致しました。

以上ご確認よろしくお願い致します。
201707/19
クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報3
クスコでのストライキの続報です。
以前お伝えした通り、7月12日と13日「チンチェロ国際空港の工事中止」問題を巡る48時間のストライキが行われました。その後14日よりペルーレイルは通常運行予定でしたが、クスコ教職員組合のスト活動が続けられた為、その影響を受け一部の列車運行に支障が生じました。

15日以降はクスコ警察がより厳重に警備に当たることにより、列車は通常運行となりましたが、ペルーレイルでは7月15日から当分の間マチュピチュへの列車に関して、ポロイ〜オリャンタイタンボ間の運行を休止して、全ての列車をオリャンタイタンボ駅発着とすると発表致しました。

下記のペルーレイルがポロイ発着でなく、オリャンタイタンボ発着に変更となります。

便名
〔対象列車〕
◎ オリャンタイタンボ発
* 列車名: VISTADOME 601 --- オリャンタイタンボ発 08:00
* 列車名: VISTADOME 31 ---- オリャンタイタンボ発 09:15
* 列車名: EXPEDITION33 -----オリャンタイタンボ発 08:29
* 列車名: VISTADOME 203 --- オリャンタイタンボ発 10:32
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 11 --- オリャンタイタンボ発 10:53

◎ オリャンタイタンボ着
* 列車名: VISTADOME 304 --- オリャンタイタンボ着 17:29
* 列車名: VISTADOME 32 ---- オリャンタイタンボ着 18:31
* 列車名: EXPEDITION 34 --- オリャンタイタンボ着 17:08
* 列車名: VISTADOME 604 --- オリャンタイタンボ着 19:02
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 12 --- オリャンタイタンボ着 19:25

クスコ教職員組合と行政との話し合いは引き続き行われておりますが、
現時点で新たなデモ、ストライキは行われておりません。

ただ今後も教職員組合のスト活動には注意が必要です。
安全対策を心掛け、時間に余裕をもって行動してください。
201707/13
クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報2
連日お伝えしておりますクスコのストライキの続報です。

昨日(ペルー時間)7月11日、クスコのデモ隊によりマチュピチュへ行く列車の線路が一部外されるなどの被害が確認されたため、ペルーレイルは運休となり、多くの観光客へ影響がございました。
同日中に同線路は修復され、夜間マチュピチュからオリャンタイタンボへの臨時運行がございましたが、本日(ペルー時間)7月12日と13日は「チンチェロ国際空港の工事中止」問題を巡る48時間のストライキの影響を受け、引き続き運行が中止されます。

ペルーレイルはストライキ終了後の7月14日(金)から運行再開される見込みです。
http://peru21.pe/actualidad/suspenden-peru-trenes-que-van-machu-picchu-huelga-cusco-2289184

またクスコ州13市町村、各地でデモ行進・道路封鎖が行われ交通、観光に支障が発生しております。
現在デモ隊の過激行動を抑えるために警察隊が導入され対応しております。
http://elcomercio.pe/peru/cusco/bloquean-vias-cusco-primer-dia-paro-regional-48-horas-fotos-441722?foto=1

安全対策を心掛け、時間に余裕をもって行動してください。
新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。
201707/12
クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報
クスコ労働者団体のストライキの続報です。
「クスコ〜ウルバンバ」のルートにて道路封鎖が行われる為、ペルーレイルではポロイ発着の全ての列車をオリャンタイタンボ発着に変更する措置が行われましたが、本日(ペルー時間)7月11日、道路封鎖のみならず、デモ隊の一部はマチュピチュへ行く列車の線路の一部枕木からはずすなど、現在マチュピチュ訪問に支障が生じております。
現在マチュピチュへの往路・復路とも列車運行がストップしております。

明日(ペルー時間)7月12日&13日には以前お伝えした通り「新チンチェロ国際空港の工事再開を要求するデモ」が予定されており、ペルーレイル社では安全の確保ができない為、12日と13日の列車運行の取り止めを決定致しました。

こちらに加え、デモ隊はクスコ空港周辺まで侵入しており、クスコ空港では混乱を避けるため空港内へ車両の乗り入れ禁止の措置がとられています。
またクスコ中心のアルマス広場近くでも抗議の意を表す座り込みが行われており現在車両にて広場周辺は通行ができません。アクセスは徒歩のみとなります。

更に、クスコ〜プーノ間、クスコ〜アレキパ間でも道路封鎖が行われ、交通に支障が出ております。
今後も引き続き注意が必要です。ご訪問予定の方はご注意ください。
新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。
以上ご確認よろしくお願い致します。
201707/11
クスコ教職員組合によるストライキの影響
以前より断続的に続いているクスコの教職員組合によるストライキにより、
本日(ペルー時間)7月10日「クスコ〜ウルバンバ」へのルート(PISAC経由及びCHINCHERO経由)にて道路封鎖が行なわれる情報があり、ペルーレイルでは10日のPOROY発着の全ての列車をOLLANTAYTAMBO発着に変更する、という措置を急遽発表致しました。

こちらの道路封鎖の影響で、本日10日は夕方3時頃まで「クスコ〜ウルバンバ」の移動が出来ない状態が続きました。
本日、ペルーレイルは発着駅やスケジュールの変更で対応致しましたが、(※ハイラム・ビンガムは本日は運休)
明日(ペルー時間)11日も「クスコ〜ウルバンバ」間のルートの道路封鎖が予想されるため、
下記のペルーレイルは本日と同様にPOROY発着でなく、OLLANTAYTAMBO発着に変更されます。


〔対象列車〕
◎ オリャンタイタンボ発
* 列車名: VISTADOME 601 --- オリャンタイタンボ発 08:00
* 列車名: VISTADOME 31 ---- オリャンタイタンボ発 09:15
* 列車名: EXPEDITION33 -----オリャンタイタンボ発 08:29
* 列車名: VISTADOME 203 --- オリャンタイタンボ発 10:32
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 11 --- オリャンタイタンボ発 10:53

◎ オリャンタイタンボ着
* 列車名: VISTADOME 304 --- オリャンタイタンボ着 17:29
* 列車名: VISTADOME 32 ---- オリャンタイタンボ着 18:31
* 列車名: EXPEDITION 34 --- オリャンタイタンボ着 17:08
* 列車名: VISTADOME 604 --- オリャンタイタンボ着 19:02
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 12 --- オリャンタイタンボ着 19:25


クスコ教職員組合は文部省に労働改善を求め、政府との話し合いを求めており、改善されるまでデモ抗議は続く見通しです。
新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。
201707/10
ペルー クスコ / 7月12〜13日「ストライキ」に伴う影響
2017年7月12日(水)〜13日(木)、クスコ州連携連合は、市民団体・労働組合と共に「新チンチェロ国際空港の工事再開」を求め、クスコ州全土において48時間ストライキの実施を決定いたしました。

ストライキ期間中は、一部店舗が閉店、学校が休校となる他、公共交通機関等にも影響が出る可能性があります。現時点ではフライトへの影響は発表されておりませんが、マチュピチュ行きの列車を運行する「ペルーレイル」の一部列車の発着駅が変更になるなどの影響が生じております。

■「ペルーレイル」への影響 (2017年7月12〜13日)
〔発着駅〕
 一部列車の発着駅が、以下の通り変更となります。
 現: ポロイ駅発着 → 上記期間中: オリャンタイタンボ駅発着 に変更

〔対象列車〕
◎ オリャンタイタンボ発
* 列車名: VISTADOME 601 --- オリャンタイタンボ発 08:00
* 列車名: EXPEDITION 33 --- オリャンタイタンボ発 08:29
* 列車名: VISTADOME 31 ---- オリャンタイタンボ発 09:15
* 列車名: VISTADOME 203 --- オリャンタイタンボ発 10:32
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 11 --- オリャンタイタンボ発 10:53

◎ オリャンタイタンボ着
* 列車名: EXPEDITION 34 --- オリャンタイタンボ着 17:08
* 列車名: VISTADOME 304 --- オリャンタイタンボ着 17:29
* 列車名: VISTADOME 32 ---- オリャンタイタンボ着 18:31
* 列車名: VISTADOME 604 --- オリャンタイタンボ着 19:02
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 12 --- オリャンタイタンボ着 19:25

その他、ストライキの一環として、広場や大通りでデモや集会が行われた場合は、急遽、道路が封鎖される場合もあり注意が必要です。
新たな情報が入り次第、お知らせいたしますが、同時期に当該地域へのご旅行・ご滞在をご予定、また列車をご利用予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

---
※参考: 「新ウルバンバ・チンチエロ国際空港」の建設について
クスコ空港はリマ空港に次いで2番目に利用者が多い空港です。(2016年の利用者数 約320万人)
同空港は、クスコ市内に位置するため拡張に限界があり、混雑対策として「夜の便」を開始したものの騒音の関係上、限定的となっており、クスコ空港のキャパシティを広げる必要性が長年の課題となっています。

そこで解決策として出てきたのが「新ウルバンバ・チンチエロ国際空港」の建設。
同空港の建設案は、今から16年前の2001年から出ておりました。
農家の土地買取問題、環境破壊を恐れる声等のハードルを乗り越え、無事入札を終え工事の実施が決定したものの入札条件の不備などで再び工事が中止となっております。
これが今回のストライキの原因ともなっています。
なお、ペルー政府は、2022年の完成を目指し、対応を急いでおります。
201706/06
ペルー/マチュピチュ遺跡の入場制限について*続報
以前からお伝えしておりますとおり、この度マチュピチュ遺跡の入場制限の新規定が2017年7月1日より適用されることとなりました。
条件については現状以下の通り決定していますが順次改訂される場合もありますのでご注意ください。



・入場時間が午前(06:00〜12:00)、午後(12:00〜16:30)の二部制となります。
 それぞれに入場券が必要となります。

・午前券、午後券ともに遺跡へ入場してから4時間が最大滞在時間となります。

・必ずガイド同行での入場が義務となります。

・ガイド1名につき最大で入場者16名までの同行となります。
 17名以上の場合はガイド2名での体制が必要となります。
 16名毎にガイド1名です。

・ワイナピチュ入山チケットをお持ちの場合でも遺跡へガイド同行が必須となります。
 午前入場券での入山となり、継続して午後の遺跡滞在の場合は午後の部のチケットが
 追加で必要となります。

・マチュピチュ山の入山チケットをお持ちの場合でも、遺跡へガイド同行が義務となります。
 午前または午後の入場券での入山となり、終日の遺跡滞在の場合は午前券・午後券の
 チケット2枚が必要となります。

・遺跡退出後、再入場は不可となります。


尚、ペルー文化庁と旅行業界との話し合いの結果、2017年7月1日〜2017年10月31日を
試用期間として設定し、下記の通りフレキシブルな内容での対応となります。

■試用期間(2017年7月1日〜2017年10月31日)

・試用期間中は以下のように入場の際、2時間の猶予が与えられます。
 午前券(06:00〜14:00)、午後券(10:00〜16:30)
 ※ただし、この2時間の融通が全員が対象となるわけではなく優先的に、マチュピチュの
  列車到着日と時間を確認して、その日の帰りの早い列車に乗る方が対象となりますので
  事前に確認が必要です。

・試用期間中のガイド同行義務について、
⇒二日目の遺跡再訪問者にかぎり、一日目に遺跡へ入場した際のチケットを提示すれば
 ガイド無で入場することが出来ます。

・ワイナピチュ山の入山チケットをお持ちの場合
⇒試用期間中は遺跡へはガイド同伴の義務なし、
 ワイナピチュ登山(3時間)の他、遺跡観光(3時間)の合計6時間の滞在が許可されます。

・マチュピチュ山の入山チケットをお持ちの場合
⇒試用期間中は遺跡へはガイド同伴の義務なし、
 マチュピチュ登山(4時間)の他、遺跡観光(3時間)の合計7時間の滞在が許可されます。

以上ご確認のほどよろしくお願いします。
201706/01
ペルー/ウルバンバでのストライキ*続報3
以前からお伝えしております、ウルバンバでのストライキの続報です。
5月30日(火)、31日(水)のウルバンバ政府に対するストライキですが、最終的には縮小された形で決行され観光・交通には大きな支障はございませんでした。

ただし6月21日(水)に再度ストライキが行われるとの報道がございます。
引き続き最新情報が入り次第ご連絡させて頂きます。

http://peru21.pe/politica/cusco-suspenden-paro-aeropuerto-chinchero-hasta-12-junio-2283557
201705/30
ペルー/ウルバンバでのストライキ*続報2 
先日よりお伝えしておりますウルバンバでのストライキですが、本日5月30日(火)、31日(水)にかけて予定通り実施されます。
またチンチェロでも5月31日(水)に新空港の建設中止に対してのストライキが行われます。
これに伴い5月30日(火)、31日(水)、下記のペルーレイル発着場所・時間が変更されます。
従来のポロイ駅発着ではなく、オリャンタイタンボ駅発着となります。

【ペルーレイル 変更時間予定表】
列車名
オリャンタイタンボ発車時間 ※
Vistadome 601 08:00

Expedition 33 08:29

Vistadome 31  09:15

Vistadome 203 10:32

Hiram Bingham 11 10:53

※ポロイ駅発車からオリャンタイタンボ駅発車へ変更しています。


列車名
オリャンタイタンボ到着時間 ※
Vistadome 304 17:29

Expedition 34 17:08

Vistadome 32 18:31

Vistadome 604 19:02

Hiram Bingham 12 19:25


※ポロイ駅到着からオリャンタイタンボ駅到着へ変更しています。
http://tnews.com.pe/manana-empiezan-protestas-en-la-region-cusco/

これから現地入りされる方はご注意ください。
引き続きストの動向にはご注意ください。
中南米・ペルーの旅行についてお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせはこちら [フリーダイヤル] 0120-029-777 【受付時間】9時30分~17時30分 【定休日】土日・祝日メールでのお問い合わせはこちら